MAX ESSA(Jansen Jardin | Is It Balearic?)

1993年、伝説的なWarp Recordsからプロデューサーとしてデビュー。これを皮切りに、 90年代には英国のPaper Recordings、D.i.Y Discs/Strictly 4 Groovers、 イタリアのD-visionといった独創的なハウス・ミュージック・レーベルから次々にレコードをリリース。 2006年、ロンドンに拠点を置くレーベルBear Funkと活動を開始。3枚のソロ・アルバム『Continental Drift』(2009年)、 『White Shoes Blue Dreams』(2010年)、『Won Ton Sunset』(2013年)、レーベル主宰のスティーヴ・コーティとの 3枚のコラボレーション・アルバム(Soiree名義での『Zim Zim Zah Zah』『Let's Play Tennis』様々な変名のもとにプロデュースした 『The World Of Progressive Disco』)をリリース。2010年には、Is It Balearic? Recordingsからの 2枚目のシングルを発表この12インチに収録にされた20分にも及ぶ壮大なメイン・トラック「Panorama Suite」 は高い評価を得て、作曲家・プロデューサーとしての名声を確立することとなった。続けて、2011年には、 大きな成功を収めた「Feel It In Your Body」をリリース。この作品は、アンドリュー・ウェザオールによるサポートを受け、 B面に収録された「Heartache」は、NYCのディスコ・レジェンドであるデヴィッド・マンキューソを はじめとするその他大勢のDJのプレイ・リストに掲載された。2008年日本に移住。毎週東京の様々なクラブでDJとしてプレイ。 2013年には、サンディエゴ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、札幌、福岡公演も含めその数およそ80本にも上った。 2014年も多忙を極めており、7月~8月にかけてヨーロッパ・アメリカツアーを行い、スタジオ・ワークでは、Aficionado、 File Under Disco、Is It Balearic? Recordingsといったレーベルから新作をリリース。2015年9月2日、待望のニューアルバム 「Vacations Never Taken」がビクターより発売。