HOLHY

1983年、石川県小松市生まれ。
「循環」「神秘」をコンセプトに、スケートボードや音楽をインスピレーションに流れるような曲線で構成された絵を描く。
幼少より絵画を習い、思春期にストリートやスケートパーク、拾ってきた廃材や段ボールなどに描く事から創作活動をスタート。
創作活動は、常に旅や自身の感動を反映させるものと捉え、10代から日本全国ヒッチハイクツアー、スケートボードをコミュニケーションとして、ヨーロッパ、アジアを放浪。その後も数年間のカナダ、アメリカでの生活を経て帰国。その間に、ストリートアートやサブカルチャーを愛する人々に強く影響を受ける。