ドラびでお+テンテンコ

ドラびでお(DORAnome.Computer)

2012年長年プロとして活動してきたドラムを引退。その後tkrworks社と長年開発を進めて来た映像と音楽をリアルタイムにリミックス出来る自作楽器「DORAnome」により活動を再開。既製の楽器ありきの音楽では無く楽器自体から自分自身の音楽専用に一から作り上げるというコンセプトにより圧倒的な個性と唯一無似な世界観を出している。この「ドラびでお」は世界中のロックフェス、ジャズフェス、メディアアートフェス、映画祭、芸術祭でも好評をはくし2013年にも大規模なワールドツアーが企画されている。現在はVestaxs社より技術提供CACIO社より機材提供を受けより完成度の高い「DORAnome3」が制作されている。 2005年にはARS Electronica(オーストリア)にてその年最も優れたDigital Musicsに贈られるHonorary Mention賞を受賞。2007年6月世界芸術界の最高峰ベネチアビエンナーレに招待され2008年8月にはスペイン「サラゴサ万国博覧会」に日本代表として招待され2009年には人気テレビ番組「SMAP×SMAP」にも出演している。


テンテンコ / TENTENKO

1990年8月27日生まれ。北海道出身。身長142cm。 2013年BiSに加入し、2014年の解散とともにフリーランスとして活動を始める。 2016年にTOY'S FACTORY / MIYA TERRACEとマネージメント契約。 「90年代からの日本の"インディー霊"を全て背負っているといっても過言ではない、 ヴァリエーションに富んだアヴァンギャルド表現者」と人は彼女を評し、 オーバーグランドとアンダーグランドを自由に行き来し、 コメンテーターからバラエティのひな壇、ポップスからインダストリアル、 朝から真夜中まで型にはまらない聖域なき活動を行っている。 2016年8月にファーストデジタルシングル「放課後シンパシー」をリリース。 2016年12月にソロとしては初のMINI ALBUMをリリースした。 昼夜場所環境問わず活動する彼女の動きには今後も注目である。

HP : http://tentenko.com/

Twitter : https://twitter.com/tentenko_ooo

1st Mini Album 『工業製品』: http://www.toysfactory.co.jp/artist/tentenko/disco/1596